ブログ一覧

株式会社ギルド|任意整理が困難な会社  (更新日:2017.08.29)

株式会社ギルドとは

 

もともとハッピークレジット株式会社という会社がありましたが、山陽信販株式会社及び株式会社信和を吸収合併し、平成16年4月12日にトライト株式会社へ商号を変更しました。その後、平成21年11月30日に今度は株式会社ヴァラモスへ商号変更し、更に平成24年2月27日に株式会社ギルドへと商号変更をして、現在に至った会社です。

 

他の事務所に依頼中の方から、『株式会社ギルドの任意整理をお願いしているが話合いが長期にわたって進んでいないようで大丈夫だろうか』と相談を頂いたり、あるいは、『依頼してから進展のないまま長期間経過して相当損害金が膨らんでしまったあげくに、依頼した事務所から辞任すると言われてしまい途方にくれている』といった相談を頂くことがあります。

 

経験上、株式会社ギルドは、将来利息を免除して分割払いにする和解には一切応じてくれないところです。すなわち、完済しない限り延々と延滞利息を付加した金額の請求を続けてきます。

 

この点、平成29年7月に株式会社ギルドの担当者と別件で話をする機会があったので、任意整理に対する対応方法に改善がみられるのかを聞いてみたのですが、延滞金を含めた一括払い請求で、将来利息を免除しての分割払いには現在も応じていないとのことで、以前と変わらない回答でした。

 

あさひ司法書士事務所の司法書士は、10年以上にわたり債務整理に携わっており、株式会社ギルドの対応についても事前に承知しているところです。

 

そのため、他の事務所で株式会社ギルドの任意整理を依頼中の方から上記のような相談があると、『任意整理の経験の浅い事務所で、株式会社ギルドも他の業者と同様に普通に任意整理ができると思って、依頼者に説明することなく受任してしまい、予期に反して話合いが進まず行き詰まり、時間ばかりが経過して対応に苦慮されているのだろうな』と思うことがあります。

 

通常は、業者から残金一括払いを請求されたり、将来利息も一切免除しないというような過酷な返済条件を債権者から強いられれば、任意整理を断念せざるを得なくなり、その結果として自己破産や個人再生の手続を選択せざるを得なくなります。

 

そうなれば、業者にとっても借金の回収が困難になることは明らかです。

 

その意味で、多くの貸金業者は、協力の程度に差はありますが、債務者の生活再建も考慮に入れながら分割弁済や将来利息の免除に応じてくれることが多いです。

 

しかし、株式会社ギルドのようにほとんど任意整理に協力してくれないという会社も少数ですが存在します。

 

 

あさひ司法書士事務所では、具体的にどうしているか?

 

株式会社ギルドは、将来利息を免除しての分割払いに応じてもらえない可能性が非常に高いことがわかっているので、任意整理で依頼を受ける場合には、最善は尽くしますが任意整理が不調になる可能性が極めて高いことを依頼者に事前に説明し、その了解とその場合の手続変更(自己破産・個人再生)の覚悟までしてもらったうえで依頼を受けるようにしています。

 

しっかりと事前に依頼者様にお知らせしておけば、任意整理不調の場合でも、依頼者様に予期せぬ不安を与えずにすむと思いますし、依頼者様にとっても手続切替も含めた心の準備をしていただけるのではないかと考えているからです。

 

なお、あさひ司法書士事務所では、諸般の事情から詳細はお話できませんが、株式会社ギルドの特徴を踏まえて、任意整理を進める際に、少し手間はかかりますが他の業者とは若干異なる手順で手続を進めるように工夫しています。

 

 


 

あさひ司法書士事務所は、大阪を中心に主に近畿圏(大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・三重など)の方からのご相談・ご依頼をお受けしております。

 

過払い金請求任意整理を含む債務整理業務に特化して10年の司法書士久保正道が直接皆様の担当をさせて頂きます。

 

あさひ司法書士事務所で無料相談を希望の皆様はこちらをクリックしてお問合せ(メール・電話)ください。

 

 

一覧に戻る


このページの先頭へ